高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

ldlコレステロールと血栓

血栓とは、読んで字の通り血管に栓のようなものが詰まった状態をいいます。
血管は身体中に張り巡らされていて、酸素や栄養などを運ぶと同時に体内の老廃物を運び出す役割を担っています。

 

血液の中にはさまざまな成分が含まれていて、その成分のランスによっては粘着性の高いドロドロとした血液になってしまいます。
実はこのドロドロ血液は血管を流れるときに傷つけていくことがあります。
これを修復しようとして血管内にかさぶたができます。
これが血栓といわれるものなのです。

 

傷口が正常に修復された場合には自然とはがれて血液に溶けてしまいますが、血液の成分バランスが崩れていると、
血栓は残ったままになってしまいます。
血栓が残ったままになると、血液が流れるための障害物となり、血管を破裂させたり
周囲の細胞を壊死させてしまったりする原因となってしまいます。

 

血栓ができやすい人の血液は中性脂肪やコレステロール、糖分などの値が高くなっています。
つまり肥満、喫煙、高齢、糖尿病に当てはまる人は要注意です。
また、ストレスや生活習慣の乱れも血栓ができやすいため、注意しましょう。

コレステロールが低すぎても危険

コレステロール値が高いと動脈硬化を促進させる原因になることは一般的に知られていることですが、だからといって低すぎてもよくありません。

 

コレステロールは体にとって必要不可欠であり、細胞一つ一つを守る細胞膜の材料となる大変重要な成分なのです。

 

ですから、コレステロールが低すぎると、細胞膜の材料が十分に供給されず、細胞がもろくなってしまうなど、体にとって害を及ぼす結果となります。

 

また、HDLコレステロールはLDLコレステロールによって運ばれたコレステロールを回収して肝臓に戻す働きがあります。

 

これはコレステロールを血管から取り除いたり、血管壁の付着を防いだりする事につながるため、動脈進行を妨げる作用となります。

 

逆にいえば、HDLコレステロールが低すぎると、血管疾患のリスクが高まるということになるのです。