高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

更年期と脂質異常症

女性は50歳くらいまでは、男性に比べてコレステロールは高くなりません。
そのため、「コレステロールは問題ない」と思っている女性は多いのではないでしょうか。
しかし更年期になると女性もコレステロール値が上昇することもあるのです。

 

更年期とは、40~50代に生殖器が衰え、卵巣でホルモンが作られなくなってくると、月経が来なくなります。
月経が来なくなることを閉経と言い、閉経前後の約10年間を更年期と言います。
一般的に月経が1年以上ない場合に閉経を迎えたと考えます。

 

女性ホルモンとコレステロールの関係

 

コレステロール値の年齢ごとの変化は男女によって大きく異なります。
男性の場合、40~50歳をピークとして年齢を重ねるとともに低下していきます。

 

女性の場合、HDLコレステロールは男性とほぼ同じように変化しますが、総コレステロールとLDLコレステロールは50歳代を境にして急速に上昇し、70歳代まで高値を示します。
女性の場合の変化は、女性ホルモンが影響している為です。

 

HDLコレステロールは、閉経による影響は受けませんが、総コレステロールとLDLコレステロールは、卵巣機能の停止より数値が急上昇します。
これは閉経を迎えるとともに、女性ホルモンの分泌も低下することによって起こります。

 

女性ホルモンであるエストロゲンには、LDLコレステロールの肝臓の取り込みを促進させる働きがあります。

 

そのため、エストロゲンの分泌が盛んな時期は、動脈硬化を抑制する恩恵を受けることができていましたが、エストロゲンの分泌が低下すると、LDLコレステロールの肝臓への取り込みが減少して血中に増加し、動脈硬化を引き起こす危険性が高くなってしまうのです。