高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

脂質異常症の予防(禁煙)

ニコチンには、交感神経を刺激させる作用があります。
それにより心臓は血圧を上げ、心拍数を竹丸など活動を活発にして心臓に負担を掛けます。
また中性脂肪をの原料となる血液中の遊離脂肪酸を増やす作用もあります。

 

さらに煙草を吸うと血液中のコレステロールが酸化されて粥状動脈硬化が進行することや、HDLコレステロールの濃度が低くなることも知られています。
たばこは動脈硬化を促進、動脈硬化は心臓の病気や脳卒中の原因となりますので、早めの禁煙をお勧めします。