高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

脂質異常症の方の食事

悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が高いと、脂質異常症となります。
血液の中に脂肪が多すぎる状態ですので、血液ドロドロになってしまいます。

 

そして、血管は柔らかい状態がよいのですが、これが硬くてもろい状態になってしまうのが動脈硬化です。
脂質異常症では動脈硬化が進んでしまい、心筋梗塞や脳卒中の原因になってしまいます。

 

その対策としては、食事も大切になります。脂肪には注意が必要ですが、実は脂肪といっても健康によいものと悪いものがあります。
例えば動物性の脂肪や揚げ物は控えめにするのがよいですが、DHAやEPAといった脂肪は積極的に摂取するのがよいです。
この脂肪は血液をサラサラにして、高脂血症を改善してくれるからです。

 

 

食生活の改善を長続きさせられるコツ

 

コレステロール値を下げるには、食生活を改善することが最も重要です。
というのも、コレステロール値の上昇の大きな要因は、食べ過ぎにあるからです。

 

まずは自分の適正体重を知り、そこから一日に必要なエネルギー量を計算しましょう。
これを毎日規則正しい時間に朝昼晩均等に摂ることが理想です。
食事の回数を減らしてしまうと、体に栄養が入ってこない時間が長く続きます。

 

その為、体は餓死状態にならないよう沢山の栄養を吸収しようと、コレステロールを溜めこもうとしてしまうのです。
食事の回数を減らすのは、一見ダイエットの近道だと思いがちですが、実は太りやすい体質になり、肥満の原因にもなるのです。
気をつけたいのは、エネルギー過多にならないように注意すること、そしてバランスの良い食事を心がけることです。
いろんな食品から、まんべんなく栄養素を摂取することが大切です。

 

また、濃い味付けはご飯の食べ過ぎの原因になりますので、注意が必要です。
濃い味付けを好む方は、薄味にすると最初は物足りなく感じるかもしれませんが、続けていくうちに慣れてきて満足感を得られるようになります。

コレステロールを下げるのに青魚は必須

コレステロールを安定させる成分の一つに、不飽和脂肪酸という物があります。

 

魚は、肉と違って不飽和脂肪酸が多く含まれていますので、コレステロールの上昇が気になる方は主菜を魚料理にするとよいでしょう。

 

不飽和脂肪酸の中でも、ドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)は血中LDLコレステロールや血中中性脂肪を減らす作用が豊富に含まれており、動脈硬化の予防には大変有効です。

 

コレステロールを下げる作用のあると謳っているサプリメントに、このDHAとEPAが多く含まれるものが多数あります。

 

これらが多く含まれる魚は、サンマ、ハマチ、ブリ、イワシなどの青魚です。

 

2日に一回のペースで食卓に登場させると理想的です。

 

飽きのこないよう、刺身や煮物、焼き物などの調理方法を工夫したり、かまぼこや魚肉ソーセージなどの加工食品を利用するなど積極的に食べる習慣をつけましょう。

 

しかし、不飽和脂肪酸が豊富な魚は脂肪が多く含まれているため高カロリーです。
摂り過ぎないよう適量を守りながら摂取するようにしてください。

血液検査で初めて効果を実感

ホワイトチアシードというスーパーフードを食べてます。

 

水分を含むと10倍に膨れて満腹感が得られる、と聞いたので購入しました。

 

私は朝、ヨーグルトと混ぜたり、お味噌汁や野菜スープと混ぜたりして食べました。

 

あとはふりかけるものがない時に、胡麻の代わりにしてふりかけてました。

 

10倍に膨れて満腹感が得られるという触れ込みでしたので、痩せるのを期待して購入しましたが、その気配は全くありませんでした。

 

外見に全く変化はなく、逆に太りましたが、健康診断で血液検査をした際に、その効果を実感しました。

 

この3年は脂質異常症の指摘を必ずされてましたが、今回は脂質検査の結果が全て正常範囲内になってました。

 

ダイエットで痩せても得られなかった脂質異常症の指摘が、痩せもしないのに、です。

 

 

 

これには驚いて、チアシードを友人に勧めました。

 

その友人は外見的だけでなく、血液美人も目指していたので、毎日ミネラルウオーターや炭酸水に入れて持ち歩いているとのことです。

 

友人も同じように血液検査の結果が良好との事です。

コレステロールをコントロールした食事はダイエットにも効果的

効率的なダイエットをしたいという場合は、コレステロールを下げる方法について考える必要があります。

 

一概にコレステロールが悪者というわけではなく、ある程度は必要な物質でもあります。人間の体を作り上げるには、細胞を生成するために必要なコレステロールはなくてはならないものです。

 

一概にコレステロールは不要なものであり、体に悪影響を及ぼすという考えは間違っています。

 

体内に過剰に存在すると、余分なコレステロールが血中に溜まることとなり、結果動脈硬化などを引き起こす原因となってしまいます。コレステロール値を調節することがダイエット効果をアップすることにもなりますので、食事改善などを通じて血中脂質を適正にしましょう。

 

食べ物の中にはコレステロールが多いものがありますので、無闇に食べ過ぎないようにします。

 

肉や乳製品、脂質の多いものを食べると血中のコレステロールが多くなりますので、ほどほどの量に留めておくことが大事です。

 

食事の分量に配慮して、カロリー過多な食事にならないようにすることも、注意したい点です。と食事量が多かったり、油分の多い食事メニューであったり、外食の頻度が多ければ、どうしても摂取カロリーがオーバー気味になります。

 

適度な乳製品や肉を食べるとともに、食事に海藻や野菜を取り入れ、バランスの良い食事を心掛けて、食べ過ぎないことが大切です。
コレステロールの摂取量をチェックして、カロリー過多な食事にならないようにしつつ、栄養バランスを整えることがダイエットでは大事です。