高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

脂質異常症の原因

近年、脂質異常症と診断される人が増えてきています。その原因には二つの要因があるとされています。

 

一つ目は遺伝的要因です。二つ目は生活習慣的要因があるとされています。日本人の生活習慣は昔から比べると大きく変化しました。

 

車などの登場によって運動習慣が著しく低下したこと、食文化の欧米化によって脂っこい食事や高カロリーの食事が増えたり、野菜の摂取が低下したこと、コンビニなどの普及によってお弁当やお惣菜を多く取る人が増えたことがあります。

 

また、ストレス社会といわれ、精神的にも疲労が回復されず、蓄積してしまう傾向にある人が増えてきています。そのため、生活習慣病の一つとされる脂質異常症の人が増加してきてしまっています。

脂質異常症の危険性

動脈硬化は、血管が硬くなったり、狭くなったりすることです。

 

それが原因で血流が滞り、心疾患や脳血管疾患のリスクを高め、日本人死因のおよそ30%にも及びます。

 

この動脈硬化を引き起こす最大の危険因子は脂質異常症です。

 

脂質異常症は、血液中の脂質のバランスが崩れた状態の事を指し、食べ過ぎや栄養のアンバランス、運動不足などといった生活習慣の乱れが原因で起こります。

 

以前は、高脂血症と言われており、総コレステロール値や中性脂肪値が高い状態のことを指していましたが、総コレステロール値が高くても、HDLコレステロール値が低ければ動脈硬化になりにくいことや、総コレステロール値よりもLDLコレステロール値を確認した方が動脈硬化への影響が正しく判断できることから、診断基準が改正され、名称も脂質異常症と改められました。

 

LDLコレステロールの高値、HDLコレステロールの低値、中性脂肪の高値という3つのパターンがあり、空腹時の採血で基準値にいずれか該当すれば脂質異常症と診断されます。