高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

悪玉コレステロールとは?

コレスとレールは主に肝臓で合成され、体内では細胞膜の材料となったり、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの前駆体としても利用されています。
また、胆汁酸の原料にもなっています。

 

このように、コレステロールは人が生きていくうえで、なくてはならない物質です。

 

しかし、何事も過ぎたるは及ばざるが如しで、コレステロールが多すぎると血管内に付着し、動脈硬化の原因となります。

 

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。
善玉コレステロールは動脈硬化を抑制しますが、悪玉コレステロールは動脈硬化を促進します。

 

動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳出血などの血管イベントを引き起こすリスクが高くなります。

 

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすことが健康へと繋がります。