高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

動脈硬化の症状

「動脈硬化」とは、文字のとおり、動脈が硬くなることです。
動脈に、コレステロールや中性脂肪が固まることで、詰まったり、硬くなって、弾力性や柔軟性を失い、スムーズに血液が流れなくなります。

 

動脈硬化は、初期の段階でははっきりとした自覚症状がないので、早期発見は難しいとされています。
加齢とともに進行して、急に現れるのではく、徐々に40代頃から現れます。

 

進行すると、脳や心臓、足に症状が現れます。主に、めまいや頭痛、手足のしびれ、動悸や息苦しさ、足が冷えやすくなるなどです。
このような症状が現れた場合は、かなり病気が進んでいる状態といえます。
健康診断を定期的に受け、食事や睡眠など、生活習慣を正しくすることで予防することが第一です。

 

 

動脈硬化をイメージしやすくすると全身に張り巡らされた血管が劣化するというのはいつ破裂するかわからないホースで毎日水やりをしているようなものです。
だから動脈硬化は近年、血管をアンチエイジングしようという考えから注目されています。
一度劣化した血管は若返ることはできないといわれてきましたが、最近の研究で血管も若返りができるとわかってきました。

 

ですから、動脈硬化になってしまう前に生活習慣を見直し血管を若返らせましょう。

アテローム硬化とは?

動脈硬化には、細小動脈硬化、アテローム動脈硬化、メンケルベルグ型動脈硬化の3タイプに分類されます。

 

これは、起こる部位や起こり方によって分けられるのですが、コレステロールと最も関係が深いのは、アテローム硬化です。

 

アテローム硬化とは、動脈の内側にコレステロールなどでできた粥状の物質が溜まってできるものです。

 

これが動脈の内側を狭くしてしまい、血流が悪くなって動脈硬化がすすんでいきます。

 

また、血管壁にくっついた粥状の物質が大きくなると、血管内の内側が破れやすくなります。
破れてしまうと、出血を止めようと、血小板が集まり血栓となってしまいます。

 

血栓が血管を詰まらせてしまうと、その先には酸素や栄養分が運ばれなくなるため、細胞が死んでしまうのです。
この状態は、体のどの部分でも起こりえますが、特に心配なのが心臓で起った場合の心筋梗塞や狭心症、脳で起こった場合の脳梗塞です。

 

アテローム硬化は、冠状動脈や脳動脈など太い動脈で起こりやすいため、心臓や脳などの血管にできやすく、命に関わる病気を引き起こす原因となってしまうのです。