高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

高脂血症と血栓

高脂血症の状態になるとコレステロールが血中に増えている状態になるため動脈壁に溜まりやすくなります。

 

LDLコレステロールが多くてもHDLコレステロールが正常に働いていれば、動脈壁に溜まることなく、運ばれていくのですが、HDLコレステロールの量が減ってきたら注意が必要です

 

過剰なLDLコレステロールは血管を傷つけてしまいます。
傷ついた部分に脂肪や不要な物質が溜まり塊となって血管の中が盛り上がってきて血管の幅が狭くなってきます。
この塊を血栓といいます。

 

そして、ある日突然、大きな血栓が剥がれ、脳につまれば脳梗塞に心臓につまれば心筋梗塞と命にかかわる状態に陥いります。

 

高脂血症の状態が続いたからといって、特別な症状が出るわけではないので、数値が高くても放置してしまう人もいるのですが、重篤な症状を引き起こす血栓を作り出してしまうため高脂血症は危険なのです。

 

このようなことから、高脂血症は高血圧のように沈黙の病気と言われています。

 

血管に血栓ができるまで

 

コレステロールを運ぶLDLが血管の中で多くなりだすとLDLが酸化します。

 

酸化が増えると血管内に老廃物が溜まる原因となりその刺激や圧力が血管壁に傷をつけます。

 

その傷から変性LDLが忍び込みその変性LDLを食べるマクロファージが増え、マクロファージが作る泡沫が血管の内側にたまります。

 

さらに、マクロファージは化学物質を作り中膜から平滑筋細胞の分裂を促し、そこがひび割れないために血小板が集まってできた瘡蓋が血栓です。

 

 

 

 

 

どうしてコレステロールは血液に溶けるの?

 

ざっくりですが血液は水分、コレステロールは油です。
水と油は相性が悪く、本来ならばコレステロールが血液には溶けないはずです。

 

しかし、コレステロールは血液に溶けるためにリポたんぱくという物質に変化します。

 

リポたんぱくの状態でコレステロールは血液に乗って全身に運ばれるという訳です。