高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

高脂血症と血栓

高脂血症の状態になるとコレステロールが血中に増えている状態になるため動脈壁に溜まりやすくなります。

 

LDLコレステロールが多くてもHDLコレステロールが正常に働いていれば、動脈壁に溜まることなく、運ばれていくのですが、HDLコレステロールの量が減ってきたら注意が必要です

 

過剰なLDLコレステロールは血管を傷つけてしまいます。
傷ついた部分に脂肪や不要な物質が溜まり塊となって血管の中が盛り上がってきて血管の幅が狭くなってきます。
この塊を血栓といいます。

 

そして、ある日突然、大きな血栓が剥がれ、脳につまれば脳梗塞に心臓につまれば心筋梗塞と命にかかわる状態に陥いります。

 

高脂血症の状態が続いたからといって、特別な症状が出るわけではないので、数値が高くても放置してしまう人もいるのですが、重篤な症状を引き起こす血栓を作り出してしまうため高脂血症は危険なのです。

 

このようなことから、高脂血症は高血圧のように沈黙の病気と言われています。