高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

きなりを購入してみました

【きなりが届きました】

冊子の量がそれほど多くないですね

EPA/DHA摂取の必要性や健康管理表、購入者の喜びの声などの冊子です。

 

【きなり】

和柄模様が日本製!という安心感をもたらしてくれます。

 

楽天よりアマゾンより安く
【きなりサプリ】を購入できます

 


◆高濃度DHA/EPA配合
◆血液をサラサラ成分ナットウキナーゼ配合
◆小粒で飲みやすい
◆魚臭さを全く感じません


>>きなりの詳細はこちら<<

 

コレステロールを下げるきなりの魅力

DHA・EPAが血液をサラサラにする効果があるという研究結果が出たこともあり、DHA・EPAを含むサプりを服用する人が増えています。

 

そんな数多くあるDHA・EPAサプリの中でも【きなり】は特に人気がありそれを裏付けるようにきなり購入者のリピート率は92.3%です。

 

しかし、何故そんなにきなりは人気があるのでしょうか?
それは他にのサプリより優れた特徴がきなりにあるからです。

 

●新鮮な魚から抽出したDHA・EPA
●抽出したDHA・EPAを酸化させないよう特別なカプセルを使用
●魚臭さがまったくなし
●血液サラサラ成分ナットウキナーゼ配合
●飲みやすい小粒タイプ

 

きなりの継続しやすい価格も人気の1つです。

 

>>きなりの詳細はこちら<<

 

DHA/EPAの血圧を下げる効果とは?

血圧を下げる方法は色々ありますが、最近は血液をサラサラにすることで血圧を下げることが人気の方法です。
血液をサラサラにする成分として注目されているのがDHAとEPAと呼ばれる不飽和脂肪酸です。

 

DHAやEPAが多く含まれる食品としはアジ、イワシ、サバ、サンマ、マグロなど魚の脂肪酸です。
DHAの働きは中性脂肪を取り除く効果があります。
EPAは血液中に増えてしまった中性脂肪の濃度を下げる効果があります。
どちらも中性脂肪を減らすため、脂肪が多くドロドロとして血液がサラサラになるとされています。

 

ドロドロの血液はサラサラの血液に比べると流れが悪くなるというのはイメージができますよね。
流れが悪いということは、血管にとどまる時間が長いということなので、血管の壁に脂肪がこびりつき、こびりついた部分に血液があたり、血管を傷めることになります。

 

この状態が血圧が高くなる原因になるため、血液をサラサラにするDHA/EPAは血圧を下げる効果があると言えます。

 

DHA・EPAがもたらす血管アンチエイジング効果

私たち日本人の食生活が欧米化していることと反対に、世界は日本食のすばらしさに注目しているということを知っていますか?
その理由のひとつは日本の食卓に並ぶ魚の種類です。

 

アジ、サンマ、サバなどの青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)という必須脂肪酸が豊富に含まれています。
DHAやEPAは頭の回転を良くしたり物忘れを予防する効果がある栄養素として広く知られていますが、実は血管アンチエイジングの効果もあるのです。

 

DHAはn-3系の多価不飽和脂肪酸のひとつで、血液中の中性脂肪を減少させたり不整脈の予防、血液をサラサラにして動脈硬化の予防にはたらきかけてくれます。
一方、EPAはオメガ3脂肪酸のひとつで、血小板の凝集を抑えたり、しなやかな血管をつくって血行をよくするとされています。

 

DHAやEPAは血管に良い効果を与えるにも関わらず、日本人のほとんどが必要摂取量の半分以下しか摂ることができていないといいます。
DHAとEPAを積極的に取り入れて、血管アンチエイジングに努めませんか?

 

 

 

DHA・EPAサプリの栄養吸収を阻害する食べ合わせってあるの?

青魚などに含まれているDHAやEPAはサプリメントで摂る、という方は意外と多いのではないでしょうか。

DHA/EPAは動脈硬化を予防してくれたり脂肪を分解するなどの働きがをしてくれますので是非摂りたいですね。
現代人は魚を食べる機会が減ってきていますので、とても重要なサプリメントであります。

 

この2つの成分ですが、実は食べ合わせや組み合わせによって、せっかくの成分が体内に入るのを阻害したり、むしろ健康にも影響を及ぼしかねない組み合わせがあることをご存知ですか?

 

まずダイエットサプリによく入っているキトサン
これはせっかく摂ったDHAやEPAをそのまま体外に排出させてしまう働きがありますので、キトサンを摂取したい場合は飲む時間をずらすなど工夫が必要です。

 

 

またコーヒーや緑茶などに含まれるカフェインは、サプリメントの成分とくっついてしまい成分が有効に体内に入っていかなくなってしまいます
これはDHAやEPAに限ったことではないのですが、カフェインが入っている飲み物でサプリメントを摂取するのは避けましょう。

 

さらに緑黄色野菜にたくさん含まれているベータカロチンですが、DHAEPAはそのベータカロチンの成分を壊してしまう働きがあります
食べるときやサプリを摂るときは別々に摂るのが良いでしょう。