高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

コレステロールldlを下げる食品

コレステロールを下げる食品である、DHA・ポリフェノール・大豆製品を多く含むそれぞれの食品をご紹介します。

 

●DHA
サンマ、アジ、ブリ、うなぎ、マグロ、鮭、サワラ

 

●ポリフェノール
いちご、ぶどう、りんご、柿、烏龍茶、コーヒー、緑茶、ワイン、チョコレート、小豆、海藻

 

●大豆製品
枝豆、もやし、納豆、きなこ、味噌、醤油、豆乳、豆腐、油揚げ

 

コレステロールを下げる食べ方

 

食べ過ぎはコレステロール値上昇の原因になります。

 

 

よって食生活を見直すことがコレステロール値の安定につながります。
何をとれだけ食べるかということが最も重要ですが、食べ方を意識することで食べ過ぎを防ぐことができ、コレステロール値改善も期待できます。

 

まずは早食いをやめる事です。

 

人は食事を摂って満腹だと脳が感じるまでに時間がかかります。

 

その為、早食いすると脳が満腹だと感じる前に必要以上のエネルギーを摂取しがちになってしまいます。

 

食事はゆっくりと落ち着いて摂るよう心がけましょう。

 

次に、ながら食いをやめましょう。

 

テレビを見ながら、新聞を読みながらなど、何かをしながら食事をすると、ダラダラ食べ続けたり、食べたという満足感が得られず、エネルギーオーバーの原因となってしまいます。

 

食事の時間と、そうでない時間の区別をきちんとつけ、メリハリのあるライフスタイルにしましょう。

 

そして、まとめ食いもやめましょう。

 

食事を抜くと、次の食事までの時間があく為、体は一種の餓死状態になってしまいます。

 

それを繰り返すと、体は次の餓死状態に備え、エネルギーを使わず蓄えようと働きます。

 

脂肪が蓄積しやすい、いわゆる太りやすい体質になってしまうのです。

 

食事は一日三回、決まった時間に摂る事で、まとめ食い防止になります。

 

このように、食べ方一つで、腹八分でも満足感を得ることが出来るようになり、コレステロール安定へと繋がります。"