高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

高脂血症の症状

高脂血症は、これといった自覚症状がありません。
そのため、本人の気付かないうちに進行して、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる合併症を引き起こしてしまうことがあるのです。
高脂血症の一番恐ろしいところは、この自覚症状がないということです。
この病気を見つけるためには、血液検査でチェックするしか方法はありません。
進行すると動脈硬化などの他の合併症を引き起こすため、合併症を発症したことでようやく気付くということが少なくありません。

 

高脂血症は、早期発見と早期治療、予防をすることが大切です。
心筋梗塞や脳梗塞などの合併症が発症してから気付いても遅いのです。
早期発見のためには、定期的に健康診断を受ける習慣をつけることが大切です。
また、予防のためには、適度な運動とバランスの良い食事が重要です。

 

 

高脂血症は症状はないけど発症したら命取り

 

高脂血症は症状がないからと放置しておくと、突然死するリスクが高まります。

 

「脳出血」は、もともと脳の血管は細いため、つまりやすく破れやすい血管です。

 

そんな血管が高脂血症による動脈硬化の影響で高血圧となり、強い圧力が血管にかかることで、血管が破けてしまう病気です。

 

「脳梗塞」は血栓が血流にのって脳で詰まってしまうことでおきます。
脳で詰まれば、脳梗塞、心臓で詰まれば、心筋梗塞と呼ばれます。

 

「くも膜下出血」は太い血管の中でも比較的弱い部分に、」コブができ、そのコブが破れた状態です。
CTでは脳内に大量出血が起こるのが特徴です。

 

いづれも、コレステロール過多による血栓が血管劣化もこれらの病気の起因として考えられますので
血液をサラサラにしておくためにもコレステロール過多には気をつけましょう。

 

ただ、高脂血症の症状は出にくいのですが、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の兆候はある場合もあります。

 

例えば、呂律が突然悪くなる、ペンをポロッと落とす。
手足のしびれ、顔面のしびれ、2重に見えるなどがある場合は、コレステロールが高い人は病気を疑った方が安全かもしれません。