高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

高脂血症を改善するには?

高脂血症を改善するためには、医師の処方のもと薬物療法を行うことや、日常生活スタイルの見直しが重要です。
日常生活スタイルの見直しで注目すべきなのは、運動と食事です。

 

運動をすることで、代謝に関わる酵素が活性化し、中性脂肪を下げ、善玉コレステロールを上昇させる効果が期待できます。
運動の種類は、脂肪燃焼効果の高い有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)が良いでしょう。

 

食事で一番気を付けたいのは、やはり食べ過ぎです。
食べ過ぎは、脂肪の過剰摂取を招き肥満の原因となるので、1日に摂取するエネルギー(カロリー)を適正にすることが大切です。

 

また食事内容は、悪玉コレステロールを増やす飽和脂肪酸が多く含まれる動物性脂肪の摂取を控え、コレステロールを下げる作用がある不飽和脂肪酸を多く含む植物性脂肪や魚類を積極的に摂取するように心がけましょう。

 

その他にも、腸管からのコレステロールの吸収を抑え、体外への排泄を促す作用がある食物繊維を摂取することも効果的です。

 

肥満の人は高脂血症になりやすい

肥満は万病のもと、痩せすぎも体に不調をもたらしますが、肥満も同様に危険因子と言われています。

 

肥満にも2タイプあり、内臓型肥満と皮下脂肪型肥満があり、危険因子が大きいのは内臓脂肪型です。

 

内蔵型肥満の特徴は上半身に脂肪がつき男性に多いのが特徴です。
このことからリンゴ型肥満とも言われます。

 

お腹だけが異常に出ている太鼓腹の男性は要注意ですね。

 

内臓型の肥満はお腹回りの内臓に脂肪がつくの合成や分解が活発なので、ダイエットをすると皮下脂肪型よりダイエット効果が早くでる反面、遊離脂肪酸を多く放出します。

 

この遊離脂肪酸が肝臓でコレステロールや中性脂肪に合成されるため血液内のコレステロール値や中性脂肪値が高くなり高脂血症になりやすいのです。

 

さらに遊離脂肪酸が多いと血糖値が下がりにくくなるので、高脂血症の人に糖尿病や糖尿病予備軍の人が多いのです。

 

肥満度の計算方法

 

BMI値を使った肥満判定ができる方法があります。

 

BMI値

 

20未満・・やせ形
20-24・・正常値
24-25未満・・肥満気味
25以上・・肥満

 

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

適正なカロリー判定法

 

生活スタイルで必要なカロリーは変わってきます。
自分の生活スタイルを考えながら必要カロリー以内の摂取を心がければ基本的には太りません。

 

 

運動量が少ない生活(主婦・事務職)・・20-25

 

体重×20-25=必要カロリー

 

運動量はトータル2時間ほど歩行量(営業・接客業)・・25-30

 

体重×25-30=必要カロリー

 

常に体を動かす仕事(重労働)・・30-35

 

体重×30-35=必要カロリー