高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

高脂血症とは?

高脂血症は、血中のコレステロールや中性脂肪が基準より多い状態で、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中のリスクも増えます。
高脂血症には、悪玉コレステロールが多すぎる高LDLコレステロール血症、善玉コレステロールが少なすぎる低HDLコレステロール血症、中性脂肪が多すぎる高中性脂肪血症の3種類があり、コレステロール・中性脂肪が両方多い混合型も多く見られます。

 

3種類とも原因の多くは食生活にあり、動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品、高カロリー食品の食べ過ぎ・飲みすぎの他、運動不足、肥満、喫煙なども要因となります。

 

自覚症状はほとんどないため、バランスのよい食事や運動を心がけ、健康診断で指摘されたときには、医師の指導を受ける必要があります。

 

尚、生活習慣病の高脂血症は脂質異常症と名前が変わりました。
高脂血症は重篤な病気に繋がる血管の劣化を招く病気ですので、1年に1回の健康診断の血液検査でチェックするように心がけましょう。

 

そして、血液検査で異常が出た場合、軽度であれば薬に頼ることなく、食事の改善や運動だけ数値を下げることができます。
そんな時間的余裕はないという方でも高脂血症サプリメントを飲むことで対応できるはずです。

 

生活習慣を変えずして薬に頼ると確かに数値は下がりますが、その代償として薬を飲み続けることになります。
これは、経済的にも薬剤を分解する肝臓の負担的にも避けたいリスクです。
まずは、薬剤に頼らないことからはじめましょう。