高脂血症 脂質異常 サプリメント 改善 EPA コレステロール

高脂血症とは?

高脂血症は、血中のコレステロールや中性脂肪が基準より多い状態で、動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中のリスクも増えます。

 

高脂血症には、悪玉コレステロールが多すぎる高LDLコレステロール血症、善玉コレステロールが少なすぎる低HDLコレステロール血症、中性脂肪が多すぎる高中性脂肪血症の3種類があり、コレステロール・中性脂肪が両方多い混合型も多く見られます。

 

3種類とも原因の多くは食生活にあり、動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品、高カロリー食品の食べ過ぎ・飲みすぎの他、運動不足、肥満、喫煙なども要因となります。

 

しかしながら、中性脂肪が高いのか?コレステロールが高いのか?どちらも脂質という意味では同じくくりですが、治療を行う場合は、どちらが多いかで治療方法が異なってくるので、血液検査の結果は別のものとして見ておく必要があります。

 

 

自覚症状はほとんどないため、バランスのよい食事や運動を心がけ、健康診断で指摘されたときには、医師の指導を受ける必要があります。

 

尚、生活習慣病の高脂血症は脂質異常症と名前が変わりました。
高脂血症は重篤な病気に繋がる血管の劣化を招く病気ですので、1年に1回の健康診断の血液検査でチェックするように心がけましょう。

 

そして、血液検査で異常が出た場合、軽度であれば薬に頼ることなく、食事の改善や運動だけ数値を下げることができます。
そんな時間的余裕はないという方でも高脂血症サプリメントを飲むことで対応できるはずです。

 

生活習慣を変えずして薬に頼ると確かに数値は下がりますが、その代償として薬を飲み続けることになります。
これは、経済的にも薬剤を分解する肝臓の負担的にも避けたいリスクです。
まずは、薬剤に頼らないことからはじめましょう。

 

高脂血症は日本人の死因を高めている原因?

 

高脂血症で死亡したと聞くことはないと思いますが、心筋梗塞で亡くなった、脳梗塞で亡くなったというのは身近な方でもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は、心筋梗塞も脳梗塞も死亡した原因が高脂血症がもたらした動脈硬化が原因の場合が多々あります。

 

このように死に至るような病名の原因が動脈硬化で動脈硬化の原因が高脂血症と死亡の原因に直接かかわっているのに直接関わっていないように見えるのが高脂血症の怖いところです。

 

高脂血症という検査結果を軽視している人が多いため重篤な死因、しかも日本人の死亡率が高めている心筋梗塞や脳梗塞の間接的な原因であるというのを意識して高脂血症は治療にあたりましょう。

高脂血症になりやすい人

高脂血症になりやすい体質があります。

 

一つは、遺伝として受け継ぐ遺伝子の病気で、20代であっても生活習慣に気負付けていてもすぐコレステロールが高くなる家族性高脂血症という病気です。

 

もう一つは体質で病気ではなく、遺伝子の異常ではありません。
高脂血症になりやすい体質なので、生活習慣の乱れに体が影響されやすいタイプになります。

 

さらには、糖尿病・肝臓病などの持病を抱えている人です。

 

高脂血症になりやすい体質の人こそ注意

 

生活習慣の乱れがすぐコレステロール値に影響されやすい、体質の人は、食べ過ぎや高カロリーの食事は控えましょう。

 

お菓子・果物など糖分のとり過ぎもよくありません。

 

また、お酒の飲みすぎはカロリーオーバーの原因になり中性脂肪が増えやすくなります。

 

高脂血症の危険が高まる年代

 

男性は30代〜、女性は女性ホルモンの分泌が減り更年期が始まる40代〜高脂血症の原因になるコレステロールの値が高くなりだします。

 

日本人は魚を食べ、粗食の時代はコレステロールが高い人はあまりいませんでしたが、飽食になり欧米の食文化が蔓延、さらには女性の社会進出により男性のように外食の機会が増えた女性が増えたことで高脂血症の割合も増えています。

 

よって、男性は30代以降の半分の人はコレステロール値が高く、女性は40代〜50代と急激にコレステロール高い人が増えます。

高脂血症をもたらす病気

高脂血症は生活習慣が原因になるのが大半ですが、持病や持病の治療薬の服用により高脂血症になる場合もあるので注意が必要です。

 

持病による高脂血症の疑いがある方は主治医の指示に従い治療を行う必要があります。

 

 

高脂血症の原因になる甲状腺の機能低下

 

甲状腺は、首の前部や喉仏の下あたりに存在し、下垂体からの命令を受けて、血液中に甲状腺ホルモンを分泌しています。

 

甲状腺ホルモンは、からだの中の代謝を正常に保ち、活性化させる役割を担っています。甲状腺の機能低下が起こると、代謝を行うための甲状腺ホルモンの分泌が減少するため、からだ全体の細胞の代謝スピードが低下してしまいます。

 

そればかりか、代謝機能を担っている肝臓のはたらきも正常に保つことができません。

 

そのため、血液中のLDLコレステロールの濃度が大きく上昇してしまうのです。甲状腺の機能低下が認められる人のうち、約90%もの人が高脂血症の症状を併発するとされています。

 

その一方で、甲状腺の機能低下は、なかなか原因を見つけることができず、原因不明の高脂血症として判断されることも少なくありません。

 

甲状腺に関する以上は一般的な血液検査で発見されたり、首が腫れる、倦怠感、むくみ、記憶低下などの自覚症状があるため、見逃さないようにしたいものですね。

 

高脂血症の原因になる降圧剤

 

高血圧の治療で、食事療法や運動療法を試しても改善がみられない場合やこれらと並行して行われる薬物治療で、降圧剤を処方されている人も少なくありません。

 

降圧剤は血圧をコントロールして正常な血圧を維持するために処方される薬です。

 

降圧剤として用いられる薬の種類は様々なものがあり、服用する人の症状や状態によって医師が判断します。しかし、これを服用することによって副作用で高脂血症を引き起こすことが考えられるのです。

 

このように、別の病気が原因となって高脂血症を引き起こすことを続発性高脂血症または二次性高脂血症と呼んでいます。

 

例えば、からだの水分を尿として排出することで血圧を下げる効果をもたらす利尿剤や、交感神経のβ受容体を遮断することで血圧を上げる物質の作用を抑える効果を得ることができるβ遮断薬などがこれにあたります。

 

副作用はどのような薬にも起こりうるものです。

 

また、高脂血症は自覚症状がほとんどないことから、日頃から医師や専門家に適切な指示を受けながら対応していくことが望ましいでしょう。

 

 

高脂血症に影響が出やすい薬

 

降圧剤・・利尿剤・β遮断薬
ホルモン剤・・コルチコステロイド・経口避妊薬・エストロゲン
免疫抑制剤・・サイクロスポリン
向精神薬・・イミプラミン